読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

i0kyoto’s diary

Creator Pro・Fusion360・ルアー・Co2レーザー

Co2レーザーカッターの事前調査

Co2レーザー

こんにちは。

さて、昨日記事に書いたCo2レーザーの続きです。

■やりたいこと
自前ルアーで使うリップの成形を行いたいんです。
素材はアクリルとポリカーボネート。(2mm~3mm)
願わくばアルミのカット(1mm)
他にも作りたいものはありますが・・・

■CNCミリングとレーザー
アルミ加工を優先したい場合はCNCミリングを購入後に、レーザーモジュールを取り替えてアクリル・ポリカのカットに挑戦する方法があるみたい。
こちらの方がCNCミリングマシンの構造で自作されています。

cnc-selfbuild.blogspot.jp

レーザーを自作されている方は

mirata.blogspot.jp


nonsaya.blogspot.jp

後は英語ですが・・・

Build List | OpenBuilds

英語のサイトは他にも参考にしています。

■現状の方針
レーザーもCNCも当然マイコン制御になる訳ですが、ステッピングモーターの制御と機械の剛性・トルクに関しては未経験。なので、レーザーからスタートしようかなっと思っています。レーザーは主にX/Y軸の制御なので、CNCよりはシンプルかな?って言うのが理由です。他にはCNCの場合は切削なので騒音など色々と困ることがありそうです。

■仮の計画
一気に部品を揃えたいとこですが・・・フェーズに分解して作業をするつもりです。
1.X/Yステージの設計・組み立てを行う
 X/Yフレームとブッシュなどを調達して、反射台なんかは3Dプリンターで出力予定。
 上記のんさやさんプロジェクトのコピー?になるかも。

2.ステッピングモーターとモータドライバテスト
 ほとんどの人はMach3/4の実績が高いですね。しかし・・パラレルポートしかもUSB-パラレル変換は信号のタイミングでまともに動作しないらしい。

 となると、GRBL(Arduino)かLinuxCNCとかになるのかな?そうすると今度はコントロールするマイコンLinuxベースのボードになりますね。悩ましい問題です。

3.Zステージの設計・組み立てを行う
 動作テストと平面出し。ここは嵌る自信あります!
 経験ないのでまったくの白紙状態w


4.Co2レーザーの動作確認・組込み
 Co2レーザーの電源配線が主な作業になりそうです。電源周りは少々高くなっても良いのでデータシートがあるものを選びたいところ。光軸調整とか怖い作業が多そうです。
 高価な部品だけに購入タイミングも大事かもしれません。


5.配線作業+細かな修正作業
 配線をきれいにしたり、細かい部品の修正・追加。
このフェーズまで来るとかなり知識も増えてるはず・・はずです

と、ここまで書いてみて・・・価格と時間を考えると組み立てキットがリーズナブルなんですよね。元々の工具や備品が揃っている状況なら確実に安いんですが。
目標としては2のステッピングモータ制御までをお盆休みくらいを目処に作業を進めたいと思います。

積極的にFusion360とCreatorProは使っていきたいですね。。

「買ってよかった3Dプリンター!」と言いたい(笑)

レーザーカッター部品を見積ってみる

ルアー Co2レーザー

こんにちは。しばらく更新が滞っていましたが・・・
Fusionを使ったCAD設計もちょこちょこっと修正してはプリント出力って言う作業になっています。

友人にぼちぼちとルアーを配布しているのですが、どうも赤が人気のようです。
そういうわけで赤いおいかわと赤いあまごを塗装してみました。

f:id:i0kyoto:20170328143516j:plain

f:id:i0kyoto:20170328143535j:plain

f:id:i0kyoto:20170328143529j:plain

前置きが長くなりましたが、ここからが本題・・・
せっかくFusionをちょびっと使えるようになったのにルアーだけではもったいない。
くぼっちょさんも書いておられたんですが、レーザーカットが高すぎる!
で、レーザーカッターについてちょっと調べてみたんですよ。

以下のように、いつの間にかお手ごろ価格になっています。

shop.smartdiys.com

が、厚めのアクリルは無理っぽい。マテリアル京都にあるのはCo2レーザーっていう出力が高いものです。
smartDIYさんでも取り扱ってますが20万オーバー!

shop.smartdiys.com

これだとアクリルは切れるようです。
まぁ、レーザーカッターは何かと使い勝手が良さそうなのと自作しておられる方もいますので主要部品だけでも見積もってみようかと・・・

・Co2レーザーチューブ

 

ja.aliexpress.com

送料込み:$107


・Co2レーザー

ja.aliexpress.com

送料込み:$72

ステッピングモーター

ja.aliexpress.com

送料込み:$40.7


・冷却用モーター

ja.aliexpress.com

送料込み:$14.3

・レンズ

ja.aliexpress.com

送料込み:$21.0

あとはステッピングモーター用のドライバ
筐体関係を抜くとこんな感じでしょうか?

ざっくり計算ではここまで$250くらい。
シャフト・プーリー・ブッシュなども合わせても全部で5万くらいの予算でしょうか?
レーザーカットに20回いく分くらいの予算になります(笑)
ただ、トランスが高いんですよね・・・V110の昇圧トランスが1万くらいです。

自分的には3Dプリンター・レーザーカッター・CNCフライスが3種の神器ですね。
レーザーカッターの細かい部品は3Dプリンターで製作出来るみたいなので
Fusion360の勉強も兼ねてやってみようかな・・・と思案中なのです。

レーザー部品は後にするとしても、ステッピングモーターとシャフトくらいは注文してマイコン制御させても面白いかもですね。。。


現状報告(CADネタ無しです)

おひさしぶりです。
更新が滞ってましたが、元気にルアーを作成しています。

なんだかんだ言いながらも、ルアー製作→実釣テスト→修正・・・
これをひたすら繰り返している状況です。6月になると琵琶湖は
ハードルアーの釣りが難しくなるので、テスト期間が足りません(笑)

数種類のクランクベイトを作成・塗装が終わりました。
最近は塗装に時間をかけていることが多いです。(^^;

このクランクは50gある大型クランクベイト。魚が欲しいときはこればっかり投げています。いまのところ、エース的存在。
f:id:i0kyoto:20170314151545j:plain


フラットサイドも作ってみました。残念ながら浮力が十分でないので出番はあまりありません(笑)塗装の練習がてら赤系とブルーギル系・・・

f:id:i0kyoto:20170314151553j:plain

 

f:id:i0kyoto:20170314151617j:plain

友人用に作成した小ぶりなクランク。それでも28gと琵琶湖サイズになっています。

f:id:i0kyoto:20170314151601j:plain 

これが一番上のクランクを修正した次期主力候補。
スカラーに塗ってみました。リップの取り付けと角度を多少変更します。

f:id:i0kyoto:20170314151819p:plain

クランクベイトを中心に40個くらいは製作したと思います。浸水したり、リップが折れたりとトラブル続きでしたが、なんとか軌道に乗った感じ。

で、3月のはじめに自作のルアーで59cmが釣れました。このシーズンこれ以上のを釣るのはかなり難しいかも・・・
次の目標は自作ルアーで60up・・・かなり敷居高いですが、チャレンジしてみます!

f:id:i0kyoto:20170314152526j:plain

 

3Dプリンターでのルアー製作注意ポイント3つ

Fusion360(3DCAD) ルアー

こんにちは。
少しルアー製作も落ち着いたので、ここまでのトラブルをまとめておきたいと思います。
約半年間の経験では以下の3つがポイントだと思っています。

1.3DCADのルアー設計で気をつけること
2.積層式プリンター出力で気をつけること
3.プリント後のルアー製作の注意事項


1.3DCADのルアー設計で気をつけること
 ABSは若干縮むことを想定して寸法の決定・デザインをしなければ
ならない。自分の3Dプリンター置き場が寒い場所だったので、縮小率は
7%の時もありました。
 これに伴って起こったトラブルは:
・ヒートンの穴が狭くなり、ルーターで作業する手間があった。
・肉厚が薄くなって、ルアーが浸水したことがあった。

 対策としては:
・実質寸法よりも5%設計段階で大きく取る。
・ウェイト穴やヒートン穴は十分な肉厚を残しておく。
・防水対策は十分にしておく。

最後の対策は3Dプリント出力では馴染みがない方法かもしれません。

下の図は、トラブルが起こったルアーの断面図です。
ダメな点はウェイトルームとリップ・ヒートン穴が近すぎる。
ウェイトルームと空洞部分が薄すぎる。後者は致命的な不具合で
少しでもウェイトルームに水が入ると徐々に内部に水が溜まっていきます。
インフィル100%にしていても、壁は薄い網目状になってるので水が浸透します。

f:id:i0kyoto:20170223095039p:plain

修正版がこちら
空洞部分は肉厚を厚め・可能な限り均等に変更しました。

f:id:i0kyoto:20170223095018p:plain

2.積層式プリンター出力で気をつけること
積層式プリンターは繊維を下から積み上げていきます。なので、製作物の
出力方向によって得意不得意があるようです。

■背中・腹をボトムに配置した場合
 ・外形は比較的きれい
 ・サポート材を大量
 ・造形時間4時間~6時間
■頭・尻をしたにした場合
 ・サポート材の量は少なめ
 ・造形時間2時間~2.5時間
 ・出力失敗のリスクがある

 テストしたところ、全長7cmまでなら頭・尻を下にした方が良いみたいです。
全長10cm以上(自分のルアーはほとんどこれ)の場合は背中・腹を下に
して出力した方が良いようです。
 でも、サポート材や配置角度の工夫で今後変わるかもしれません。
この辺りはまだ試行錯誤中です。

3.プリント後のルアー製作の注意事項
 最初の頃はプリントしたルアーはコーティングなしで水に浮かべてました。
スイムテストの最初10分はいいんですが、20分、30分と続けると徐々に
浮き上がる時間が長くなっていって、最後はシンキングになってしまいます。
見た感じはつるつるでも、積層式なのと温度変化でひっぱられる部分が
あるようです。(勝手に想像してます)
なので、カラーリングする・しないに関わらず防水対策はしっかりとする
必要があります。
 ・セルロースセメントでディッピングを3回
 ・ウェイトルームの穴埋めは防水用パテを使用
 ・カラーリングする場合はエポキシ樹脂で重ね塗り
上記3点をすることでいまのところ防水対策は出来ています。
ウェイトルームの穴埋めは当初グルーガンでやってましたが、密封しにくい
のとやすりかけ後の仕上げがいま一つなので辞めました。
コスト的には魅力なので、時間と工夫でうまくいくかも・・・・

情報がまとまったら、また報告したいと思います。

自作ルアーで釣れました!

ルアー

こんにちは。
金曜日にいよいよ実釣テストに行ってきました。
当日は暖かい日のあとの小雨で好条件!出来たてほやほやのクランクを持って
期待と不安で釣りを開始しました。

様子を見ながら、3投目にヌーと重くなってあれ?っと感じたのも束の間・・
ぐんぐんと引いて、魚だー!
ばらさないように丁寧にやり取りして・・・しっかり掴みました。
初バスは45,6cmくらいの子でした!
写真も撮りましたけど、暗くて写りが悪い(^^;
今日はいいかも?と思いながら、またキャスト!
コンっと当たって、ロッドがひん曲がる・・・50は楽勝ある
と思った瞬間にばれちゃいました(> <;

その後も40クラスがぽろぽろ釣れて、帰ろうかと引き返している最中に
足元でゴン!と来て、下の写真のが釣れました。
50ジャストの今年初アップです。
苦労して作ったルアーで釣れるとうれしいですね
おおげさですけど、60釣ったのと同じくらい嬉しかった(笑)

f:id:i0kyoto:20170220094920j:plain

f:id:i0kyoto:20170220094936j:plain


そして、日曜日はルアー製作に集中しました。オイカワ?カラーっぽく塗ってます。
夜にはコーティングも乾いてるはずなので、ヒートンとリップを付けてから最終のコーティングで第2陣の出来上がりです。

次にプリントするルアーはもう決めていて、フラットサイドクランクをやるつもりです。ウロコ模様をつけてみようと思っています。
プリントに時間かかりそーだ(笑)

f:id:i0kyoto:20170220094957j:plain

f:id:i0kyoto:20170220095010j:plain

スイムテストとカラーリング

Fusion360(3DCAD) ルアー

こんにちは。

購入してからひたすらプリンターを酷使しつづけてます・・・
さて、先日の45度プリントはフィラメントが残り少なくなったので
少しだけ延期してます。

いまはフィラメント消費数の少ないものをちょこまかとプリントしながらも
ルアーの製作をせっせと行う日々デス。
週末にスイムテストをしてきました。雪が残る琵琶湖でリップの設定を変えながら2時間ほどテストしてました。
クランクはほぼ満点であとはリップの製作&取り付けで形になりそうです。
ジョイントの方は若干浮きが悪いので、再度調整が必要になりました。

ルアーを投げてて思ったのはやっぱり色を塗りたいなー・・・です。
せっかくここまでやったんだから・・・と思うともう止まりません

友人にコンプレッサーとエアブラシを借りて、夜から色塗りを開始!
久々のエアブラシなんで、まだまだですけど・・・
ちょっとだけルアーに愛着がわいたような気がします。

これ、写真じゃわかりにくいですけど12cmもあります(笑)
あとは確定したリップを削りにいって、最終のコーティングが終われば
実釣テストの準備が完了ですね。

 

f:id:i0kyoto:20170213173336j:plain

 

f:id:i0kyoto:20170213173347j:plain

ちなみに注文したフィラメントは

Amazon.co.jp: HICTOP 3Dプリンター用 高品質で精密 ABS 樹脂 材料 フィラメント【8色選択可】【1.75mm】【1kg】 : 産業・研究開発用品

HICTOPのフィラメントにしました。米国Amazonの評価がなかなか良かったのが理由です。個人的には木・竹素材のフィラメントが興味あるんですが、もう少し慣れてからと言うことで・・・

そういう訳で今日も帰宅してプリントしながら、塗装に励みますネ!

サポート材の設定云々

こんにちは。
今日は3Dプリントしてません。Creator Proの休日になっています。

昨日の夜にこんな感じで2分割プリントを試みました。

f:id:i0kyoto:20170209182225p:plain

プレートに直置きしてプリントアウトしてみましたが、見事に失敗しました。
原因はシェル化しているので、出力開始時の断面が薄いのでフィラメントの食いつきが悪いみたいです。

FlashPrintでサポート材を置けばある程度解決するのは理解しているんです。
これまではスライサーにFlashPrintと言うFlashForgeのフリーウェアを使って、サポート材の設定もしていました。

でもでも、くぼっちょさんとこの記事で45度で出力してる人がおられるよう!
写真を見るとサポート材の組み方を工夫してるのかな?っと思ったので
FlashPrint以外のソフトでサポートを追加してみようと思ったわけです。
上記ソフトではざっくりとした変更は可能ですが、接着面の面積やサポート密度を自動で変更することは出来ないんです。

で、Google先生に聞いてヒットしたのが
MeshMixerと言う、これまたautocad社が関連している製品。

流れとしてはFusion360からstlファイルをMeshMixerに渡してサポート追加、その後objファイルに保存してFlashPrint(スライサー)に渡すようです。

Fusion360からMeshMixerに渡すキャプチャー

f:id:i0kyoto:20170210141114p:plain

MeshMixerが立ち上がった画面

f:id:i0kyoto:20170210141123p:plain

・サポート材を規定値でセット
これで大丈夫なのか?と疑惑の目でキャプチャーしてみた
ここで保存する時はobj形式にした方が良さそう

f:id:i0kyoto:20170210141559p:plain

・保存したobjファイルをロードした図
予想印刷時間は1時間ちょい・・・

f:id:i0kyoto:20170210141818p:plain

これで終わるのもなんなので、サポート材のオプションを変更してみた。

f:id:i0kyoto:20170210142902p:plain
上記をFlashPrintの予想プリント時間を見ると3時間半!
まぁ2時間の差がどんなものなのかを比較してみようと思います。

3D出力も奥が深くて、なかなか面白いですねー・・・
あんまりはまりたくないけど~(笑)