読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

i0kyoto’s diary

Creator Pro・Fusion360・ルアー・Co2レーザー

ルアーの組み立て作業

こんにちは。3Dプリンター生活を楽しんでますか?
自分はどっぷりとはまっています。
どんな風にかって言うと・・・
出勤前に3Dプリンター起動&出力開始して、帰宅してから造形物確認&出力開始。
寝てる間もCreator Proに働いてもらっています。
さすがに酷使しすぎてる感があるので、ガイドにオイルをさしてから出勤しました。

ルアーはハンドメイドで作った経験があるので、3D出力後はそんなに困っていません。
・バランス調整(ウエイトとルアー姿勢の確認)
・ペーパーかけ
・コーティング(セルロースセメント)
・組み立て
の順番で作業しています。

・バランス調整
 ウエイトルームにシンカー(1.4g)を入れて、テープ止めの後に写真のようにルアーの姿勢を確認してます。後でコーティングするので、若干浮力を大きめにとっています。

ちなみに最初はリップの取り付けをしないで姿勢調整してましたが、見事に失敗しました。アクリル板がかなり重いことを忘れてました。

f:id:i0kyoto:20170208143313j:plain

・ペーパーかけ
サポート材の凸凹が残っているので、ルーターとペーパーで表面を滑らかにしています。ルーターは手持ちのプロクソンですが、ダイソーで200円くらいのミニルーターを見たのでそちらでも問題ないはずです。ちなみにペーパーはダイソーで購入。

・コーティング
ABS樹脂なので絶対に必要な手順ではないんですが、最終的にカラーリングしたいのでテスト的にコーティングしています。セルロースにどぶ漬けの後にペーパーかけの作業を3回繰り返しています。強度的には問題ないはず・・・

f:id:i0kyoto:20170208142441j:plain

・組み立て
スイムテストするための最終作業が以下になります。

1.ウェイトの仮留め
 姿勢確認したウエイトを入れて、グルーガンで仮固定してます。
グルーガンを使うと後で小さなシンカーを押し込めるので愛用しています。
パテも使ってみましたが、重さがありすぎてシンキングになったので今回はパス。

2.ヒートン差込み
 ゼリー状の瞬間接着剤をヒートンに付けてからねじ込んでいます。
特にジョイント部分が心配なのでしっかり固定させてます。

3.リップの仮留め
 先日切り出したリップをゴム用のボンドを少しだけ付けてとめてる状態。
スイムテストの時にリップの抜き差しをしたいので、投げる時に抜けない程度です。
リップは5タイプ用意して、一番良いものを次回にいくつか切り出すつもり。

f:id:i0kyoto:20170208142351j:plain

 

f:id:i0kyoto:20170208142416j:plain

そういう訳でフックを取り付けたら、スイムテスト出来るまでは完成しました!
週末の天気は雪らしいですが、スイムテストしてきたいですね・・・
なんにせよ、本番の春にはプロトタイプが間に合ったので良かったです。