i0kyoto’s diary

Creator Pro・Fusion360・ルアー・Co2レーザー

クラウドソーシングやってみた

こんにちは
またまた久しぶりの更新になります。
本題の前に定期報告を・・・(笑)

・Co2レーザー
 後日書きますが、レンズがやられてしまいました。故にレンズを再発注してます。
もしかしたら、設計を大幅に見直す必要があるかもしれません。

3Dプリンター製ルアー
 はぜクラ作成中・・・なんですが、スケジュールどうなったんだろ!?(笑)

・アピスト育成
 元気に育っています。もっと減るかと思いきや、20数匹のまま維持してます。
毎日ブラインシュリンプ沸かしてます

で、やっと本題です。

www.cycle-g.info


自分もクラウドソーシングをやってみようと思っていたところに、サイ蜂さんが人柱的?な記事をあげてくださいました。
それなりの期間時間を見てウォッチしてましたが、良さそうな案件、つまりは顧客がそれなりに慣れていてしっかりしたインプットと明確な納品物を提示した案件は少なめの印象です。

自分も怯みましたが・・・「逃げちゃダメだ!逃げちゃダメだ・・・」
ってことで、もう少し突っ込んだ人柱になるべくして、ちょっと怪しげな案件に提案&スタートしたのが先月の中旬の話デス。

担当者の方とメッセージのやり取りを開始したんですが、お客さんのスケジュールが出来るだけ早く!としか返ってきません。やばい匂いがプンプンします(°_°;
「いや、出来るだけ脱出早くしたいんだけど、要件をまとめないと・・・」
個人的にはワードとは言わなくても、テキストの箇条書き程度に要件を列挙して欲しかったのです。でもね、メールの文章で要件ぽいものが散らばってます。しかも数通にわたってるので、こちらが箇条書きに変換してから確認と言う作業が発生しました。

こちらのメールチェックは昼(12時半)夜(9時 or 10時)で昼にこちらの進捗報告と質問事項を確認し、夜に要件をまとめるメールと言う流れ。その後に要件に沿った技術的な調査とプロトタイプの作成なのでかなりキツカッタです。
もちろん要求事項は(かなり)ブレが出てきたので、
 「出来るだけ早くちゃうんかい?」
と1人でブツブツ言いながらも、丁寧に技術的なリスクや潜在してる問題の提起なんかを伝えてました。内容的には普段の業務とそんなに大きく変わりないんですけど、顔をみたこともなく話したこともない相手に物事を伝えるのは思ったより疲れました。

納品までにプロトタイプ2つで仕様確認を行って、本番の作成をしました。
最終提出物はUnitテストしっかりやって、統合テストにもかなり時間をかけたのでお客さんの受け入れはすんなりといきました。プロジェクトを継続して欲しいとの要望がありましたが、とりあえず辞退させてもらいました・・・体力続かん(笑)

今回実施したプロジェクトの内約は:
・メールやり取り 40%
・資料作成(要件定義や仕様確認文書) 20%
・設計・コーディング 15%
・テスト 20%
・もろもろ(技術調査とか環境設定) 5%

時間は:
・25日×約4時間 → 約100時間

で、頂いた費用・・・これ大事ですよね?
費用は:
・1万円 時給100円ナリ!(°_°;

さくっと楽して小遣い稼ぎとか、やっぱり現実は甘くなかったデス。
ただ、こんな要求が来るんだ!とかマーケットの見方はこうなんだ!とか色々勉強になったので、単に時給に換算しちゃダメなんですけどね。

経験としては良かった・・・でも、しばらくはやりたくないってのが本音です

フローティングバイブレの製作

こんにちは

楽しい週末はあっと言う間に終わってしまいました(°_°;
コツコツと暇を見てプリントアウトしていたバイブレーションの塗装とトップコート
週末に仕上げました。そのうち幾つかは知り合いのところへ嫁いでいきます。

琵琶湖はこの時期になると藻が見る見る伸びてきます。
普通のバイブレーションだと1投毎に藻に絡んで満足にルアーが引けないんで
フローティングバイブレーションを作ってみました。市販品もあるにはあるんですが極端に流通数が少なくて、中々お目にかかることがないんです。

代替品として考えられるのがシャロークランクとミノーになりますけど、ミノーはルアーのピッチが長めでシャロークランクは浮力が高すぎるんです。ジャークさせて止めて食わせたい!そういう意図で作ったもんです。

フローティングバイブレーションはリップがないので、軽すぎると全くアクションしません。重すぎたら、当然沈んでしまいます。
ウェイトの位置・量とボディバランスで何度か修正して仕上がりました。

トップコートを終わって目をつけてる最中に写真を一枚。
f:id:i0kyoto:20170612135957j:plain

f:id:i0kyoto:20170612140003j:plain

これで終わってしまうと・・・塗装に嵌ってる方ががっかりするので(もう試してたらごめんなさい)

市販のルアーとか有名ハンドメイドルアーはたまにラメっぽいものが塗ってあったり、光の具合で微妙に色彩が変わるものがあります。
一番顕著に出るのはマジョーラと言われる塗料なんですが・・・高いんですっ!

代替として使ってるのがこち

www.mr-hobby.com

普通の塗料よりちょっとだけ高いんですけど、塗装が終わった後の最終仕上げにさっと吹くだけなので使う量も少ないです。
自分が使ったのはダイヤモンドシルバーとアメジストパープルの2つです。
ダイヤモンドシルバーはラメっぽい仕上がりになります。
アメジストパープルは光の反射で虹色っぽい仕上がりになります。
他の色も順次試していきたいんですが・・・その前にハゼクラ作らねばっ!
上の写真右側にちょろっと出てるやつを小さくしようとしています。

最後にカラーを書いておきます。→は重ね吹きの意味です
・ベリー
 クリアーイエロー→イエロー
・サイド
 クリアーレッド→モンザレッド
・模様
 マルーン→あずき色+つや消し黒
・バック
 あずき色+つや消し黒+ダークグリーン
・仕上げ
 ダイヤモンドシルバー





4.2 Co2レーザー製作のまとめ(途中経過)

こんにちは。

アピストは20数匹元気に育っています。このまま、全部育つと大変なことになりそうで怖いです(°_°;

久々のレーザーネタになります。
現状報告ですが、とりあえずは試し切りまではうまくなんとか完了しました。
簡単な円しか切断していませんが、アクリルの2mmとダンボールはうまく切断できました。

f:id:i0kyoto:20170605155529j:plain

試し切りは終わりましたが、問題点は結構出ています(笑)
・昇圧トランスが熱で落ちます(汗)
 安い昇圧トランス100v→120vを購入したのですが、定格容量が不足していて切断中に電源が落ちる場合があります。これからCo2レーザーの製作を考えておられる方は定格容量の大きめ(250w以上)のトランス購入をお勧めします。

・g-codeの修正がかなり大変
 いまはInkscapeのg-code toolsを使用しています。画像データをngcファイルに変換出来るのは大変ありがたいのですが、レーザーの出力はテキストファイルを開いて修正しています。なので、試し切り→修正→試し切り→修正・・・の無限ループ
同じパスを複数回辿れば切断は出来ますが、切断面の仕上がりが良くありません。
レーザー出力と切断スピードをテストしている最中です。

・ホーミングとハードスイッチ
 いまのところホーミング機能はまだ確認していません。GRBLはソースコードの改変をしてコンパイルしてあるのですが、X/Y軸のリミットスイッチをまだ固定していない状態です。

だれか昇圧トランス売ってくれないかな・・・1万5千円は出したくないです。
定格量がやっぱりネックなんですよね。このあたりをクリアしないと切断テストが効率悪すぎて困ります。
まぁ、ゆっくり着実に進めていきます。



Co2レーザーの作業は続くんですが、まずは情報をまとめておこうと思います。

■製作に至った背景
 そもそもCo2レーザーを作ろうとは半年前まで全く考えてませんでした。
3Dプリンターで魚釣り用ルアーを製作しはじめて、ルアーに良く使われるリップと言われる部品があります。そのリップを家で製作出来たらいいなーっと思ったのが始まりです。「それだけ?」って友人に良く言われますが、それだけデス!(笑)

■Co2レーザーの調査
 最初はCo2レーザーを購入する予定でウェブをうろうろとしててうん十万という価格にびっくりしてしまいます。その時に「のんさや」さんのページに出会います。のんさやさんがわずかな期間に仕上げてるのを読んで、自分にも出来るかも?っと完全に思い違いを始めてしまいます(ばか)
 ちなみに自分は機械設計はまーったくできません。Fusion360で製図したのはルアーだけ・・・そんな状態でした。

■製作の流れ
 思い違いをしたままに以下の3つのウェブページを何回も読み直しました。

衝撃的な出会いのページ。基本設計せずに済んだのはこの方のおかげです

nonsaya.blogspot.jp

自作Co2レーザーの作り方とトラブル解決方法を詳細に記述していただいてます。
こちらのページを見て製作された方もたくさんいるようです。

mirata.blogspot.jp

GRBLと海外のリンクが豊富で大変助かりました。最近はIoTまでやっておられるようです。

cnc-selfbuild.blogspot.jp

 

後は各種英語のページです。GRBL、CNCShield、bCNC、Inksacpeの英語のページを細かく読みました。これらのページはほとんどがオープンソースでバージョンアップも顕著にされます。自分用に参照するリンクを貼っておきます:

・GRBL(Issues)-GRBLの有志によるトラブル解決フォーラムです。GRBLの設定・問題点のほとんどをこちらで参照出来ます。

・CNCShield ーCNCShieldのフォーラムです。但し、ほとんどの情報は Mirror Nerrorさんがカバーされていると思います。

・bCNC(Issues)-bCNCの有志によるフォーラムです。上にあげたGRBLフォーラムで参加している人もこちらで良くみます。


 





アピストグラマの稚魚育成計画

久しぶりの更新になります

ばたばたしている間にもう5月も終わりになりますね。
仕事の方はかなり押してます(°_°;
まぁ、なるようにしかならないと思いますが・・・

仕事の進捗とは別にアピストの稚魚はかなり順調に育っています。
孵化したのが33匹で(数えられる範囲・・)2週間経って23匹が育ってます。
最初の1週間はポロポロと落ちる稚魚がいたけど、いまはかなり落ち着いてます。
10匹をサテライトと言う小さなボックスで育てて、残りはお母さんに頑張ってもらってます。

写真をたくさん撮りたいとこなんですが、カメラを構えると親がかなり神経質になるのでほとんど撮ってませんが・・・

f:id:i0kyoto:20170529112558j:plain

f:id:i0kyoto:20170529112541j:plain

 

餌はまじめにブラインシュリンプっていうミジンコみたいなのを沸かせて与えてます。
朝5時頃と夜帰宅してからの2回です。ほんとは3回で少量が良いそうなんです。
が、無理っ!なので、夜にちょっと大目にあげてなんとか頑張ってもらってます。

使ってるのはこちら:

www.amazon.co.jp

もうそろそろ無くなりそうなので、次はニチドウのブラインシュリンプを試す予定です。

一番キツイのは水槽の水換えとフィルターの掃除が出来ないって状況なので、大きめのスポイトでこまめに掃除しています。

さて、レーザーの方は色々な問題が浮き上がってきてます。
・これまで正常に実行出来ていたGコードがソフトリミットエラーで止るようになった
・XY軸のみホーミングを実行するにはGRBLのソースを一部改修する必要がある
・光軸の調整がうまくいかない

もう少し状況をまとめた上で書きたいと思います。

 

アピストが・・・

こんばんは。

別の趣味でアピストグラマって言う熱帯魚を飼ってるんですが・・・
(いくつ趣味あるねんってツッコミは置いといて)

いつのまにか稚魚が孵化してました(^^;
普通ならバンザーイってとこなんですが、・・・
今はプロジェクトの機嫌も近くてわずかな空き時間はレーザーカッターの制作をしてました。明日からは1時間早く起きて、写真右下の子達にエサをあげなくてはいけません。

レーザーカッターはちょっとスローダウンさせます。
今のところはXY軸の動作確認までは完了していて、次はレーザー菅とミラーホルダー類の取付けと軸合わせのフェーズです。大事なところなので、丁寧に作業をやって行きたいと思います。

f:id:i0kyoto:20170511234435j:plain

4.1.レーザー出力のコントロール

 

こんにちは。
休暇に入ったので朝からレーザー作業に夢中です。
今日はレーザ出力のコントロールをPCから行う作業です。

■レーザー出力コントロール


【確認事項】
・レーザ電源とCNCシールドを配線しての動作確認
・PCからレーザ出力のコントロールを行う

1.レーザー電源の確認
 昨日の記事でも書きましたが、L・Pをグラウンドに落とした上でINに5Vを分圧しての動作確認をやって見ました。L・Pの両方にスイッチを接続し、可変抵抗をレーザー出力部分に取り付けてレーザー出力を手動で確認しました。
スイッチを一つずつ入れていくのにドキドキしましたが、うまく動作してくれました。

f:id:i0kyoto:20170503152433p:plain

2.CNCシールドの出力電圧確認
 レーザー電源側の動きは大体把握出来ましたが、次はCNCシールド側になります。
CNCシールドのスピンドル出力をレーザー出力のINに接続するので、電圧の確認を行いました。
 bCNCのターミナルで以下のコマンドを入力してスピンドル端子の電圧を確認します。
M4 S1000 (Laser output 5v)
M4 S500 (Laser output 2.5v)
M4 S0 (Laser output 0v)
M5 (stop Laser)

テスターで確認すると目論見通りにスピンドル端子の電圧が変わってくれます。ただし、PWM出力が出来てるかどうかはオシロがないので確認出来ていません。
  やっぱり、オシロスコープ必要ですね・・・会社にはゴロゴロあるのに。
 安価でオススメのオシロがあれば教えてください!

さて、これだけでは何なんでレーザー出力を自動で切り替えるGコードを作って見ました。

M4 S250  (Laser out 1.25v)
G4 P500  (wait)
M4 S0     (Laser out 0v)
G4 P500 
M4 S1000 (Laser out 5v)
G4 P500
M4 S0
G4 P500
M5   (finish)

このスクリプトをテスターで確認して、いよいよレーザー出力をPCからコントロールして見ます。

3.レーザー出力コントロール
 L・Pの両方を短絡させないとレーザーは出力しなかったので、この考えを基準にしてCNCシールドに接続することにしました。配線図を以下に載せておきます。

f:id:i0kyoto:20170503144654p:plain

レーザーの電源を入れて、モーターが水を流してるか確認。。。
L・Pの短絡スイッチを入れてから、bCNCのコマンドを打つとレーザーが無事に出力されました!
 続いて、Gコードでレーザー出力が自動コントロール出来るのも確認出来ました!
自動コントロール出来ると両手が空くので大分余裕があります。

さらっと出来てしまっているように見えるかもしれませんけど、配線の導通テストをくどいほどやってるのでかなり時間がかかってます。朝8時くらいにはじめたのに作業が終わったのは昼過ぎと言う・・・

今日やった部分はこのプロジェクトで不安なポイントだったので、気分的にかなり楽になりました。これで心置き無くY軸の制作に取りかかれます。

4.レーザー試射と電源回路調査

こんにちは。

休暇前にほとんどの部品はAliexpressから到着しました。残りは光学調整するための部品くらいでしょうか?
さて、本当はY軸の組立てに入る計画なんですが、予定よりも早くレーザー管と電源が来てしまったので、レーザーの試射をやってみました。

■レーザー試射

【準備】
 ・レーザー管
 ・MYJG 40W 110V
 ・ウォーターポンプ
 ・ステップアップ電圧
 ・バケツ
 ・チューブ
 ・チューブ取り付け金具
 ・ダンボー
 ・ワニクリップ+ワイヤ

【確認事項】
 ・レーザー電源が動作するか確認する
 ・レーザー電源の不明コネクターの電圧を調査する
 ・試射してどれくらいの威力か見る

【作業】
 1.ウォーターポンプの動作確認
レーザー管には水冷管があって、そちらで冷却しないとレーザー管が壊れてしまっています。先人の方もそれが原因でトラブルになっていたので、まずはそちらの動作確認をしました。
 ウォーターポンプは12vのものを購入したはずなんですが、到着したのは12v-24v対応のものでした。まぁ、動作電圧が広いのはありがたいので、そのまま使わせてもらいます。電源はレーザー電源のロジック動作用の24vから仮に引っ張ってきました。
 結構な音ですが、水流は想像したよりかなりあってびっくりしました。で、そのせいかチューブが取り付け金具から外れて、部屋中がびしょびしょに・・・・バケツの水半分くらいが部屋に巻き散らかされましたw
 漏電が怖くてレーザー管とチューブはしっかり接続してたんですが、ちょっと離れたモーター側は大丈夫だろう?って甘く見てました・・・手持ちのテープでしっかり固定しましたヨ。

 2.レーザー管-電源配線
 出力調整をしない手動試射の場合はたいした配線はなく、赤いコードをレーザー管のお尻の方(発射口と反対)に接続して、電源部分にあるLから配線した線をレーザー管の発射口の方に繋げただけです。
 途中で外れると危ないので、ワニクリップでしっかりと固定しました。
 それからステップアップ電源-コンセントー電源の順に接続すると
「キィーーーン」っと感高い音が・・・

 3.レーザー試射
 恐る恐る「Text」ボタンを押すと、シュっと音がして見事に燃えました!
 「やっぱり怖いよ、Co2レーザー!」

f:id:i0kyoto:20170502095515p:plain


 4.レーザー電源の電圧確認
 さて、ここからが大事なとこです。大先輩のみらたさんの記事で大まかな内容は理解してますが、電源の種類が違うので微妙に違います。

f:id:i0kyoto:20170502133050j:plain

 

en.jnmydy.com


上のサイトを参考にしてみると:
 G - グラウンド
 P - 保護インターフェイス(オープン時に出力0V)
 L - TTL
 G - グラウンド
 IN - PWM端子?
 5V - +5V
となっています。
ここで知りたいのはP、L、IN、5V端子の状態による電圧になります。

【TEXT押下時】
 P→0.3V
 L→0.1V
 IN→4.5V
 5V→5V

【電源ON時】
 P→4.7V
 L→4.3V
 IN→?
 5V→5V
 
 上記からレーザー照射時はP、LともにLOWになるってことになります。
みらた氏のブログ記事ではPはGと短絡、INは外部からPWM入力と記述されています。
なので、P端子は停止ボタンを配置してからグラウンドに接続。INはCNCシールドのSpindlePWMに接続だと推測します。問題なのはL端子!
 L端子は短絡するのか?それともCNCシールドに接続するのかってところが明確になっていません。このあたりはGRBLの仕様による部分だと思われますが、切り分けが不十分なままです。
 L端子・P端子の電圧をLOWに設定したとして、IN端子から出力される電圧が0Vならばレーザー出力はありません。GRBLの仕様がIN端子のみでレーザーON/OFFと出力をコントロールするなら両方をLOWで大丈夫な気がします。

明日にでも以下のような感じでテストしてみたいと思います:
 ・L・P端子の短絡スイッチを作成して接続
 ・IN端子にSpindlePWMを接続、電源とCNCシールドのGND接続
 ・レーザー電源ON
  →レーザーは出力なしのハズ(チェックポイント)
 ・ArduinoUno+CNCシールド電源ON
 ・シリアルでIN端子にM3 S500, M3 S1000のコマンドを入力して出力を確認
  (CNCシールド側ではM3 S500→2.5v前後 M3 S1000→5v前後)
 
ここを乗り切るとレーザー電源ーCNCシールド間の配線がフィックス出来るのでかなり安心出来るのですが・・さてさて、どうなるんでしょう。